幼い子どもを連れての海外旅行は、イメージ的に大変そうだと思ってしまいますよね。

私もうちの子がまだ赤ちゃんの時、旦那さんがいてくれて助かったけど、一人じゃ無理~と感じたことがありました。ただ小さい子どもは無料で飛行機に乗れたり、赤ちゃんは無料のパッケージツアーなどもあり、安い時期に海外旅行ができる時代なので、思い出作りに行きたいですよね。

スポンサードリンク

子連れの旅行で一番の問題は、飛行機の中でおとなしくさせていられるか、ではないでしょうか。

まだ小さいから仕方がないと思えるのは、同じように小さい子どもがいる親だけです。周りのお客さん達の鋭い視線が気になりますよね。子どもが静かに機内で過ごせるようにするには、とにかく飛行機に乗る前に疲れさせることです。疲れて機内で寝てくれると本当に親としては助かります。

そこで今回は、子連れ旅行に便利なアイテムと、機内での過ごし方についてご紹介していきます。

海外旅行の便利グッズ!子連れにおすすめのアイテムとは?

111331
海外旅行をする上で便利なグッズをまとめてみます。

① 子ども向けタブレット端末やPC
② 絵本
③ おやつ

① 子ども向けタブレット端末やPC

既に子連れ旅行の必須アイテムになっているタブレット。ゲームもテレビも映画もこれ一台で全てクリアします。あらかじめ子ども向け番組やアプリをダウンロードしておきましょう。また忘れがちなのがヘッドフォン。大人用だと大きすぎてずれてしまいますので。

② 絵本

もちろんタブレットは便利ですが、幼児に長時間映像を見させるのには抵抗があります。目にも悪いですしね。そこで絵本がおススメ。字の読める子は大丈夫ですが、0歳から2歳くらいの子には手触りが付いた絵本が良いです。スライド式の仕掛け絵本なども楽しいので乳幼児にはおススメです。

スポンサードリンク

③ おやつ

いつもは与えないおやつをあげると、ひと時おとなしくなります。ただ砂糖を沢山使ったおやつや炭酸飲料はあげ過ぎ注意です。シュガーハイと言って一気にテンションが上がり、落ち着くどころか騒がしくなってしまいます。甘くないお菓子がおススメ。

子供連れの飛行機機内の過ごし方

子連れの場合、着内ではいつも以上に神経質になってしまいがちですが、そんなに心配しなくても良いです。

普段より少しだけ周りの人へ配慮していれば大丈夫です。着席して落ち着いたら前後左右の人に「お騒がせするかもしれません」など一言声掛けをしておくだけで随分違います。もちろん子どもが迷惑を掛けるようなことをしたら「スミマセン」とお詫びしましょう。あとはパパとママがリラックスしていれば、子どもも落ち着いて過ごせます。

また客室乗務員の人に困ったことがあれば相談するのも可です。親意外の人に声を掛けられたことで、泣き止んだり落ち着く場合もあります。力になってほしいことがあれば、気軽に声を掛けてみましょう。

飛行機での子どものおもちゃのおすすめは?

乳児ならおしゃぶり、ミニカーやぬいぐるみなどお気に入りのおもちゃを持参しましょう。また新しいおもちゃをいくつか持って行くと、時間稼ぎになりおススメです。もうちょっと大きくなった子には次のおもちゃがおススメ。

① アクティビティ本
② シールブック

① アクティビティ本

付録の付いた絵本は長時間遊べます。ハサミは持ち込めないのであらかじめ切っておきましょう。ノリで貼ることはできますし、工作は時間が持ちます。

ただ親としてはお絵かきに集中してもらえるととってもラクですよね。マグネットを付けて遊ぶ本も飛行機では便利です。工作のようにゴミが出ないので散らかす心配がありません。

② シールブック

これは1歳以上から定番のおススメアイテム。見るだけより自分で取って貼る作業がとても楽しいです。100均でも売られていますが、もっと分厚くて種類の豊富なシールブックもいいですね。

まとめ

いろいろなアイディアやアイテムをご紹介してきました。それでもやっぱり長時間の子連れのフライトは大変なものです。事前に準備をしっかりして落ち着いて出発しましょう。

関連記事:赤ちゃんとの旅行はいつから行ける?飛行機での耳抜きは寝てたらどうする?

スポンサードリンク

スポンサードリンク