夏野菜の代表の1つトマト。みずみずしい新鮮なトマトは、そのまま食べても美味しいですよね。

しかもトマトは栄養満点な優秀野菜。食卓に鮮やかな色どりも添えてくれます。

そこで今回は、トマトの嬉しい栄養とその効能、加熱すると栄養価はどうなるのかについてご紹介していきます。暑い夏もトマトを食べて元気モリモリ!

スポンサードリンク

トマトの嬉しい栄養と効能は?

トマトには沢山の栄養は含まれていて、その効能も女性にとって嬉しいものばかりです。ぜひ積極的に取り入れたトマトの栄養について見て行きましょう。

・リコピン

トマトにはリコピンという栄養素が含まれていて、トマト=リコピンと考えるくらいよく知られるようになりました。このリコピンには抗酸化作用があり、老化防止、美白、病気の予防、ダイエットなど特に女性に嬉しい効能が盛り沢山。リコピンを摂取したいならトマトを意識的に食べると良いですね。

・ビタミン類

人間の体に欠かせないビタミン。トマトにはそのビタミン類が豊富に含まれています。例えばビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE…など様々。ビタミンには新陳代謝を活発にしてリコピンと同じように抗酸化作用や、美白効果、風邪の予防に効くなど嬉しい効能がいっぱいです!

 ・ミネラル類

ビタミン同様ミネラルも大事な栄養素ですが、カリウムを始めマグネシウム、カルシウム、鉄なども豊富です。

・食物繊維

トマトの皮には食物繊維が豊富に含まれています。そのため皮ごと食べると便秘解消になると共に、コレステロール値を下げてくれます。水分たっぷりなので満腹感も得ることが出来、ダイエットにもバッチリ。

それではトマトの効能を見て行きましょう。

トマトには美白、美肌のアンチエイジング効果が期待できます。それはリコピンやビタミン類が豊富なので、シミやそばかすを防いでくれるのです。積極的に食べることでシワやたるみにも効果があるのだとか。高額な美容化粧品よりも手軽なトマトを食べるだけで、綺麗なお肌をゲットできますよ。

また抗酸化作用があるため血液をサラサラにしてくれる働きもあるトマト。このためガンや糖尿病、脳卒中の予防になり俗に言う生活習慣病を防いでくれる強い味方です。

アンチエイジングももちろん嬉しい効能ですが、ダイエットに良いと言うのも大きなポイントではないでしょうか。

体に脂肪が蓄積していくのを抑えてくれるトマト。小腹が空いたら甘くて美味しいトマトを食べると良いですね。また新鮮な生のトマトも美味しいですが、トマトの缶詰やトマトジュースの栄養価はどうなのでしょうか?

スポンサードリンク

実は缶詰もジュースも乾燥させたトマトも、生のトマトと同じかそれより多くの栄養価が含まれています。ちょっとビックリですが、加工品に使われているトマトは完熟したものが多いので、その分リコピンの量も豊富。

特にドライトマトは乾燥して小さくなったトマトにぎゅっと栄養が凝縮しているので、少ない量でも十分なリコピンを摂取できます。旬のトマトも食べても良し、加工品も活用して効率的にリコピンを取り入れましょう。

トマトの栄養は加熱するとどうなる?

よく加熱すると栄養が溶け出てしまう野菜がありますが、トマトは加熱してもリコピンは減少しません。

反対に加熱して火を加えることでリコピンを吸収しやすくしてくれます。生よりも加熱した方が多く食べられるので、ミネストローネやトマトスパゲティ、ピザなどぜひ普段の食卓にトマト料理を加えましょう。

ただ生のトマトを食べ過ぎてしまうと体を冷やしてしまうので、食べ過ぎには気を付けてくださいね。

そしてトマトは油と一緒に食べることでもリコピンが吸収されやすくなります。

例えばトマトにオリーブオイルを掛けたサラダや、トマトのブルスケッタなどがおすすめです。更に乳製品と食べても◎。トマトとモッツアレラチーズのサラダや、オムレツにトマトとチーズを掛けたものなど簡単で美味しいレシピが盛り沢山です。

トマトの栄養は夏バテに効くと言われているの?

夏野菜の1つであるトマトですが、トマトの酸味にはクエン酸が含まれているので夏バテ予防に効果的です。

疲労回復効果と食欲増進が期待できます。暑さで弱った胃腸の調子も整えてくれるので、夏には欠かせない食物です。

ちなみにトマトはなぜ赤い色をしているかというと、リコピンの色素のため。リコピンは赤いのですね!リコピンは前述のように老化防止、ガンや動脈硬化を予防してくれる優れもの。それに鉄分もあるので貧血予防にも効果的です。

まとめ

優秀夏野菜のトマト。美容と健康に良く、手軽に沢山食べられる美味しいトマトは毎日の食卓の味方です。ぜひ家族みんなで沢山食べたいですね。

またお弁当にはプチトマトがおススメです。プチトマトも大きさは小さいものの、普通の大きなトマトと同じくらいの栄養価が含まれています。トマトは中くらいの大きさで40キロカロリーほどしかありません。ダイエットの強い味方のトマトを沢山食べて、体の中から綺麗になりましょう!

関連記事:子供にもずくを食べさせても良いのはいつから?便秘解消に効く?

スポンサードリンク

スポンサードリンク