七月七日の七夕の夜には、願い事を書いた短冊を笹の木に吊るしてお祈りをしますよね。

ただ短冊だけを飾るのはちょっと味気ない気がします。そんな時には折り紙で七夕飾りを簡単に作ってみましょう。

今回は子どもと一緒に作れる、折り紙の七夕飾りについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

七夕飾りにぴったりの折り紙の折り方は?

七夕の主役は何と言っても織姫様と彦星様。

ちなみに織姫星は織女星(しゅくじょせい)と呼ばれ、こと座のベガを差すそうです。物語の中では織姫は機を織って神様たちの着物を作る仕事をしています。

ぜひ和柄の折り紙を使って素敵な着物を着た織姫様を作ってみてくださいね。

また彦星様は折り紙の柄によって雰囲気がガラリと変わります。七夕らしく爽やかなブルーで折っても素敵ですね。

織姫と彦星の折り方の動画

天の川の折り方

星飾りの折り方

笹の葉の折り方

笹つづりの折り方

また吹き流しは織姫の織り糸を表しているのだそうです。

そのため昔は紙ではなく五色の織り糸で飾っていたのだとか。

七夕に飾る吹き流しには織姫のように機織りが上手くなりますように、という意味があります。

吹き流しの折り方

① 折り紙を1.5cmの位置で折り下げる
② 折った部分をのりで貼り付ける
③ 枠を残して1.5cmの幅で線を引く
④ 線に沿ってハサミで切る
⑤ 両端をのりで貼り合わせ輪にして完成

七夕に飾るちょうちんには心を明るく照らしてくれますように、という意味が込められています。

スポンサードリンク

ちょうちんの折り方

① 上下の枠を作る。1/8の幅に切った折り紙を2枚用意する
② ちょうちんを作る折り紙の上下にのりで貼り付ける
③ 枠に沿って内側に折り、また元に戻す
④ 半分に折る
⑤ 枠を残して1.5cmの幅で線を引く
⑦ 線に沿ってハサミで切ってから上下に広げる
⑧ 四隅をのりで貼り合わせて輪にする
⑨ 中心の折り筋で広げるように折って完成。

七夕飾りの折り紙 くす玉を作ろう!

くす玉の折り方は様々な種類があります。

中には60枚もの折り紙を使って折る方法もあります。それはちょっと大変なのでもっと簡単に作る方法をご紹介します。

くす玉の作り方

七夕飾りの時期はいつからいつまで?

なちゅライフ

そう言えば、七夕の飾りつけはいつから始めるものなのでしょうか。

またいつまで飾ってどのように後片付けをするのでしょう。

日本の七夕は中国の風習と融合したもので、一般的には6日の夕方から夜に飾り付けをするのが正しいやり方

神社では7月7日の夜中に祭事を行うところもあります。地方によって多少の違いはありますが、早い所で7日の朝、遅くても7日の夜には禊を済ませるそうです。

飾りつけは6日に行ったら一晩置いて7日まで飾っておきます。そして7日中に後片付けをしないと願い事が叶わないと言われています。

後片付けの習わしとしては海や川へ流す、七夕送りが理想です。

これは水に流すことによって神様に持って行ってもらおうという意味があるのですが、近年ではごみ問題になるのでおススメできません。

そのため他の方法としては、燃やすことがよく行われています。

燃やした煙が空へ昇っていくように、願い事も天まで届きますように…という願いが込められています。しかしこの方法も住宅街や都心にある家なら、煙が近所迷惑になることもあります。

もし庭があるのなら近所に気を付けて燃やしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク