ちょっと前に幼稚園や保育園へ入園したばかりというのにもう卒園なんて、子供の成長は本当に早いものですね。

そこで、今回は卒園メッセージを親から先生へ向けて書く際のポイントについてまとめてみました。

スポンサードリンク

卒園メッセージ例文を親から先生へ書く場合

卒園メッセージを書くのは親から子供に送るばかりではなく、親から先生へメッセージを送ることが多いです。

その時は、これまでの感謝の気持ちを込めて、保護者側がまとめてアルバムとして送る場合が多く、そこでメッセージカードにメッセージを添えるというパターンが多いです。

一体、何を書いたらいい良いんだろう?

何か気の利いた言葉はないかな・・・

と、悩んでしまいますよね。

私も、卒業文集やお別れの色紙メッセージ書きなどで何を書いて良いか分からなくなってしまうことがあるので、予め、気の利いた言葉を知っていたら良いですよね。

メッセージカードを頂いたら、子供の写真を一緒に貼り付けたり、言葉に装飾を施したりして華やかな見た目にしても可愛いですね。

思い出に残るメッセージカードを作るのも、最後の楽しみとなります。

卒園メッセージの例文を親から書く時に気をつけるポイント

卒園メッセージをいざ書こうとする時に、ポイントになることが3つあります。

1.先生方へ感謝の気持ちを込めて、助かった、良かったなどのお礼を書く
2.具体的なエピソードを盛り込んだ内容
3.先生方の健康と幸せを願う一言

では、順番に見て行きましょう。

1.先生方へ感謝の気持ちを込めて、助かった、良かったなどのお礼を書く

先生方のおかげで幼稚園・保育園生活がとても楽しく生き生きとしたものになったなどの感謝の言葉を添えましょう。

お友達とのトラブルなど困った時の助言などが非常に助かったなど先生の対応に感謝する言葉などがあっても先生は仕事への意欲を見てもらっていると感じ嬉しいものです。

2.具体的なエピソードを盛り込んだ内容

運動会や発表会、遠足など園生活を通して記憶に残っている具体的なエピソードを盛り込んでメッセージに組み込むと、先生の心に響くメッセージとなりますね。

3.先生方の健康と幸せを願う一言

先生方のこれからの健康と幸せを願う文章で締めるとより個人を思いやる気持ちを表現できます。

1から3を意識してメッセージに組み込んでいけば、端的で気持ちのこもった例文を作成することができます。

ポイントは、園生活の中で印象に残った出来事をピックアップしてエピソードに盛り込むということで独自のオリジナルなメッセージになるということです。

スポンサードリンク

意識して考えて書いてみてください。

卒園メッセージの例文

<例文1>

◯年間、親子共々本当にお世話になりました。
何事にも一生懸命で一人一人を気にかけてくださる先生のおかげで、子供ものびのびと園生活を送ることができました。
園でお友達と楽しく過ごすうちに発表会を終えることができ、新たな自信となりました。
これからも子どもたちが大好きな素敵な先生でいてくださいね。

<例文2>

◯年間、ありがとうございました。
明るく楽しい◯◯先生と一緒で、充実した毎日を過ごすことができました。
運動会での突然のハプニングも笑って乗り越えることができ、今でも良い思い出です。
先生との出会いで、親子共々大きく成長することができ感謝しています。
本当にありがとうございました。

<例文3>

◯年間、お世話になりありがとうございました。
集団生活が苦手だった我が子も、先生の優しい笑顔と細やかな心配りのおかげで仲の良いお友達を作ることができました。
子どもが毎日笑顔で帰ってきて、お話ししてくれるのを楽しみにしていました。
これから、それがなくなると寂しい感じがします。
◯◯先生も変わらず園児たちの憧れの先生でいてくださいね。

<例文4>

いつも朗らかで明るい◯◯先生が、◯◯は大好きでした。
先生のお陰で、幼稚園生活が充実した楽しいものとなりました。
季節折々のお絵かきやお歌など毎日楽しんで通っていました。
本当にありがとうございます。
先生の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

私の体験・・・

ついに、息子も卒園の歳になってしまいました><

まだ小さい子だと思っていたのに幼稚園生活も終わり、春から小学生になるとは想像もつきません!

うちの園でも卒園メッセージの紙をもらい、週末にお姉ちゃんの助けを借りて一生懸命作りました。

工作が苦手なので、お姉ちゃんに折り紙で切り絵をしてもらい写真を切り抜いて、
100円均一で買ってきたテープでデコって終了!

何とか形になり、ホッとしたところです。

今は、100円均一で可愛いデコテープもありますし、
折り紙や画用紙を買っておくと、いざ始めようと思った時に製作がしやすくて良いです。

あと、子供がご機嫌な時にササッとメッセージを書かせたら、
いい感じに出来上がりましたー。

まとめ

親から先生へ渡すメッセージカードは、子どもの成長を共に見守り、充実した毎日を過ごさせてくれた感謝とお礼の気持ちを十分に込めましょう。

子どもたちが毎日楽しく通う日々の一コマ一コマが思い浮かぶような、そんなメッセージを込められる良いですね。

関連記事:卒園式の服装で母親が気をつけるべきマナーは1つ!これさえ分かれば安心

スポンサードリンク

スポンサードリンク