日本の風習である季節のお便り。

今回は暑中見舞いについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

暑中見舞いのマナー 時期はいつからいつまで?

暑さが厳しい日本の夏ですが、普段中々会えない友達や知人、お世話になっている方や仕事面ではお客様や取引先などへ、近況報告や気遣いを示す季節の挨拶状です。

丁度お中元のお礼をしたり、結婚や出産、お引越しをされた方にも報告するのにいい機会ですよね。他にも自分が買い物をしたお店から夏のセールのお知らせやイベントの案内なども、暑中見舞いと称して届きます。ただ個人的にちょっと残念なのが、年賀状よりそれほど一般的ではないということ。でも受け取った相手は必ず喜んでくれます。

今年はお世話になったあの方に、またはご無沙汰している友人に暑中見舞いを送ってみませんか?

暑中見舞いの時期

暑中見舞いにもきちんと送る時期というのが決まっています。

それは梅雨明けから立秋前までです。

ちなみに残暑見舞いは立秋から8月いっぱいまで。ちなみに2017年の立秋は8月7日になります。

また暑中見舞いを出す時期についてはいくつか諸説があります。

二十四節気の小夏から(7月7日頃)立秋の前までというものや、夏の土用の時期(7月20日頃から)、梅雨明けからなどです。確かに諸説あるのですが、暑中見舞いの意味は厳しい夏の安否伺いです。そのため梅雨が明けてから本格的な夏になった時期に出しても問題ないでしょう。

ただ梅雨明けは西日本から順番にきますので、自分の地域は明けても相手の地域はまだという場合もあるので注意してください。それに北海道には梅雨という時期がありません。

暑中見舞いで気をつけるべき書き方のマナーは?

暑中見舞いを書くときのマナーは、季節感を取り入れて自分のことばかり書かないようにすることです。近況報告をする場ではありますが、簡潔な文章で涼しい印象を与えることがベストです。

暑さがピークに達していることと、8月8日からは残暑見舞いであることの2つを覚えておきましょう。

また書くときの注意として頭語と結語は必要ありません。

季節の挨拶は大きめの文字で書くと良いですし、印刷の場合も太字で書くと◎。手書きで一言メッセージを加えると印象が良くなります。

暑中見舞いを書く順番

1.季節の挨拶
2.時候の挨拶
3.安否確認の挨拶
4.近況報告
5.結びの挨拶
6.年月日 七月は盛夏など
7.自分の氏名住所電話番号など

例文1

暑中見舞い申し上げます。暑さの厳しい折、皆さまお元気にお過ごしですか?
毎日子どものプール通いで忙しくしております。耐え難い暑さではございますが、ご壮健にこの夏を乗り切られますようお願い申し上げます。
平成28年 盛夏

スポンサードリンク
例文2

暑中お見舞い申し上げます
毎日暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。私ども家族は皆元気に過ごしておりますのでご安心ください。夏季休暇は帰省しますので、予定が合えば会いましょう。
寝苦しい夜が続きますが、夏風邪にはご注意くださいね。
平成28年 七月

暑中見舞いの返信マナーは?

季節の挨拶状は元々、目下の者から目上の方に対して本当は直接挨拶に伺うべきですが、書面で失礼しますという意味が込められています

そのため目上の方には先に送るべきで、相手の方から先に貰ってしまうのは失礼になるという考え方もあります。もし相手から先に暑中見舞いが届けられたら、返信するときは暑中見舞いのお礼は書かず、暑中見舞いか残暑見舞いの挨拶状を出すという方法があります。

ただ暑中見舞いを受け取りましたという報告や、もらって嬉しかったという気持ちは伝えた方が自然ですし、それはマナー違反ではないという考え方もあります。

つまり暑中見舞いのお礼を記してから、通常の暑中見舞いの文章を書くと良いでしょう。暑中見舞いを送った相手には「ちゃんとハガキが届いたかな?」と心配している人もいるはずです。それなのにハガキを受け取った有無を書かずに暑中見舞いを出してしまうと、自分が出した暑中見舞いは届いていないのかな?と気になる方もいますよね。

要は年賀状と違って暑中見舞いは7月上旬から8月上旬までと、送る時期が長いので目上の方から先に届いてしまっても仕方ない部分が大きいと思います。

暑中見舞いの期間内に送るときの例文

日中は草木も萎えてしまうほどの猛暑が続いておりますが、ご家族の皆さまはお元気にお過ごしでしょうか。
私どももみな変わらず元気に過ごしております。
この度は暑中見舞いの素敵なお葉書をありがとうございました。
我が家の子ども達も真っ黒に日焼けし、海やプールで遊んでいます。
炎暑厳しき折ですが、体調を崩されぬようお祈り申し上げます
平成28年大暑
※最後の日付は7月7日から21日頃までなら小暑で、7月22日から8月6日頃までは大暑となります。

まとめ

私は目上の方から先に暑中見舞いを頂いてしまうことが多いので慌ててしまいますが、それほど厳格にマナーを気にしない人が多いですし、暑中見舞いは親しい人としか交わさないことがほとんどですよね。

相手のことを考えてお礼を言った方が安心するだろうと思ったら、素直に暑中見舞いありがとうございました。と付け加えると良いですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク