気を付けていてもいつの間にか出来てしまっているシミやそばかす。

出来ないように紫外線対策を行うことは効果的ですが、出来てしまったシミを消すには更なるケアが必要です。

今回は出来てしまった顔のシミやそばかすを消すにはどうしたらよいのか、対策をご紹介していきます。

美白ケア(trial)

シミやそばかすを消すにはどうしたら良い?

シミやそばかすが出来るのは、皆さんも一度は耳にしたことがあるメラニンが原因です。

これは黒褐色の色素を作る細胞で、この色素がシミやそばかすの原因になります。

メラニンは皮膚の一番深い層で作られていて、通常は28日周期で新しい細胞が出来て古い角質は剥がれ落ちて行くのが健康な肌のメカニズムです。

日焼けして黒くなった肌も段々元の色に戻っていくのはこの作用のためです。

肌の入れ替わりをターンオーバーと言いますが、このターンオーバーがスムーズに行われないと肌の奥にメラニンがとどまって、シミやそばかすとなってしまいます。

シミやソバカスが初期の頃にはビタミンC誘導体

シミやそばかすがまだ薄い褐色の初期の段階であれば、美白成分の一つであるビタミンC誘導体でお手入れするのが◎。

この誘導体にはメラニンを作る働きを抑制する効果があります。

シミに効果がある食べ物はビタミンC。美白には欠かせない栄養素で、他にも若返りのビタミンと言われているのがビタミンEがあります。

食物やサプリメントでビタミン類を補給するのも良いですが、肌まで届いていないことも多いので直接塗るのがおススメです。

出来てしまったシミやそばかすを完全に消すのは難しいですが、ピーリングや美白化粧品で薄くすることは可能です。

初期の段階を過ぎて濃い色になってしまったシミ、そばかすには?

また初期の段階を過ぎて濃い色になってしまったシミ、そばかすには美容クリニックでレーザー治療が有効です。

そして他にも化粧品を使って、シミを薄くする方法が出ています。

シミやそばかすを消すハイドロキノンって何?

シミやそばかすを消すために注目されているのがハイドロキノン

これはイチゴや麦、コーヒーなどに含まれている天然成分。海外では昔から使われていましたが、日本で解禁になったのは2001年からとまだ新しい成分です。

スポンサードリンク

ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制するのはもちろん、シミやそばかすを薄くして消すだけではなく、お肌のくすみやムラもなくして透明感のある肌を導いてくれる優れもの。

そのためハイドロキノンがある程度の量しっかりと配合された化粧品を使うと、すぐにその効果を実感できる即効性があります。使い続けて行けば肌の奥底から透明感が増してきますよ。

シミやそばかすを消す悩み解消の化粧水とクリーム

シミやそばかすはお肌の悩みにとって避けて通れないものです。

出来てしまったシミ、そばかすを消すにはハイドロキノンが配合された化粧品であるかどうかが大事なポイント。

そこでおススメなのがアメリカ製のシミをケアするハイドロキノン配合のビーグレンの美白化粧品です。

→ セレブな奥様の美肌の秘密 バイオ基礎化粧品b.glenの詳細

美白に特化した化粧品の中でも断トツで人気があるのがビーグレン。

なんと皮膚科のしみ治療でもこのハイドロキノンが使われているそうです。こんなに高い効果が期待できるビーグレンですが、通販でしか購入することが出来ないので更にプレミアム感が出ますよね。

ビーグレンの人気の理由は何と言ってもメラニン対策。

メラニンに直接作用するハイドロキノンと、メラニンを作らせないようにするアルブチン、シミの原因である活性酸素を取り除くビタミンCが豊富に含まれています。

ただ妊娠中や授乳中の方は医師に相談してから使用してください。

まとめ

最強の美白化粧品と言われるハイドロキノン。

ただし皮膚科で処方される高濃度タイプのハイドロキノンは肌の刺激が強すぎると言われています。

でもビーグレンならわずか1.9%の濃度ですが、独自の技術で医薬品並の美白効果が期待できます。徹底した美白肌を目指したいなら一度ビーグレンを試してみて下さい。
→ 色素沈着におすすめのトライアルスキンケアセット 1,944円(税込)!

美白ケア(trial)