保育園や幼稚園で必ず流行する「おたふく風邪」。あなたのお子さんはもうかかりましたか?

予防接種もありますが、それでも感染してしまう子どもは少なくありません。頬が腫れて痛み、熱も出るので親としてはとても心配になります。

そこで今回は、おたふく風邪の腫れを早く治す方法いついて解説していきます。正しい知識を持っていれば、いざという時にも安心です。

スポンサードリンク

おたふく風邪の腫れを早く治す方法はあるの?

おたふく風邪の正式名称は「流行性耳下腺炎」と言って、ムンプスウイルスに感染することでかかる感染症です。

ムンプスウイルスの潜伏時間はおよそ2~3週間と言われ、その感染力は毎年流行するインフルエンザやノロウイルスよりはかなり弱いのが特徴です。

ただ潜伏期間が長いため、その間知らないうちに感染していることが多く、1人がおたふく風邪にかかったら、あっという間に広がってしまいます。

おたふく風邪の症状

それではおたふく風邪の症状にはどんなものがあるのでしょうか?

代表的なものは耳の下(耳下腺)が腫れて痛むことと、発熱し時には38度を超える高熱になることもあります。耳の下にある耳下腺は唾液を作っている箇所で、そこが炎症を起こして熱を持ち腫れるのです。おたふく風邪に感染したらまず、耳の下と顎の付け根が痛くなります。腫れの度合いは個人差があり、あまり腫れない子どもから顎から首まで腫れて、顔の輪郭がとても大きくなってしまう子どももいます。また両方腫れる場合や片方だけ腫れる場合もあります。

腫れた部分を早く治すには冷やすことが最適ですが、唾液が分泌すると痛みが増すので食事の内容にも気を付けましょう。おすすめは水分が多い食事、よく噛まなくても食べられるのどごしの良い食べ物、そして唾液が分泌さやすい酸味の強いものや香辛料は避けます。つまりスープやヨーグルト、お粥が最適です。子どもが無理なく食べられる食事を作ってあげましょう。

おたふく風邪の腫れを冷やすコツ

おたふく風邪に限らず、熱が出たり打撲など体に炎症がある時は冷やすことが最適です。

そのためおたふく風邪にかかったら、耳の下の耳下腺を冷やすのが効果的

私が子どもの頃は病院で顔のラインに巻くネットのようなものに、冷たく冷やしたタオルを入れたり、氷水をビニール袋に入れてそれをガーゼに包んで冷やしながら過ごした記憶があります。

ただ、小さいお子さんなら氷が顔に当たって痛いこともあるので、氷を小さく砕いてからビニール袋に入れると良いでしょう。今なら保冷剤をタオルに包んで使ったり、熱さまシートや冷却シートを貼るのも◎。

スポンサードリンク

冷やすと一種の麻酔効果が得られて痛みが和らぐので、その間に食事を摂ることもできます。このようにおたふく風邪の耳周辺の腫れには、冷やすことが一番です。

そして患部を冷やすこと以外にやっておくべきことが、水分補給です。おたふく風邪になると発熱するため、身体の水分が沢山失われてしまうからです。口の中が潤っていると痛みも緩和しますし脱水症状はひどくなると命の危険もあるので、食べ物が食べられなくても水分だけはしっかり摂るように心掛けましょう。

繰り返しになりますが、おたふく風邪で痛みが出るのが耳下腺。

この部分を刺激しないよう唾液の分泌を少なくするようにすれば、痛みが和らぎます。このため唾液が出やすい梅干し、塩辛い食べ物は避けて下さいね。また痛みが酷くて食べ物が受け付けられないようなら、患部を冷やして痛みを軽減させた後、温かいスープや牛乳をストローで飲ませてあげましょう。

おたふく風邪の腫れが治らない場合は?

個人差があるものの、おたふく風邪の腫れは平均で1週間くらいで治ります。

1週間を過ぎても腫れが引かないときは、おたふく風邪ではないのかもしれません。それは似たような症状を持つ「反復性耳下腺炎」が考えられます。

これは数か月から年単位の間隔で耳下腺が腫れる病気で、非常におたふく風邪と症状が似ています。原因は現在でもよく分かっていませんが、元々耳下腺に先天性の異常がある場合と唾液が停滞していること、何らかのアレルギー反応が出たかウイルス感染によるもの、他にも内分泌系の異常などが考えられます。

実は私も保育園の頃に反復性耳下腺炎にかかった経験があります。おたふく風邪を何度も繰り返していたような感覚で、小児科に受診したとき医師が反復性耳下腺炎と言っていたのを覚えています。熱は出ないものの頬が腫れて痛いので、子どもながらに苦痛でした。ただこの病気は成長するにつれて感染しなくなっていきます。

まとめ

耳の下の耳下腺が腫れて痛いのがおたふく風邪。

発熱もするので水分をこまめに摂ることが大切です。おたふく風邪になったら園や学校は休ませ、腫れが引いて5日が経過していて、身体の調子が完全に回復するまで静養させます。

両頬が腫れたり、片側だけ腫れる人もいます。通常は1週間程度で治まる病気ですが、腫れが長引くなら反復性耳下腺炎を疑ってみましょう。予防接種をしても感染する可能性はありますが、症状は軽くなったり感染しにくくしてくれます。

大人になってから感染すると重症化するので、子どものうちに感染しておきたいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク