子どもの入学祝いをお祝いしてくれた方にお返しをする入学内祝い。

これからも温かく我が子を見守ってくださいと願いを込めて、親としても心を尽くしたいですよね。

スポンサードリンク

そこで入学内祝いを贈りたいけれど、のしの書き方や選び方、包み方はどうすればいいのかはっきり分からなかったり、迷ったりすることもあります。

今回は入学祝いのお返しに使うのしについて解説していきます。

関連記事:入学式のスーツ!ママにぴったりの色の選び方と人気ブランド

小学校入学祝いのお返し!のしの書き方

内祝いを返すときは入学祝いに限らずのし紙が必要です。

のし紙の選び方

この時使うのし紙は、水引きが蝶結びになっているものを選びましょう。

蝶結びののしは、お祝い事は何度あっても良いという意味があります。入学祝に頂いたのし紙も蝶結びのはずですし、そのお返しも同じように蝶結びを使います。

ちなみに結びきりののしは主に結婚式に使われ、めでたいことですが二度はないようにという意味があります。つまり蝶結びは何度もあることで、結び切りは何度もないものと覚えておきましょう。

のしの書き方

のしの書き方は、まずのし紙の表に(水引の上部分)入学内祝、または内祝と書きます。その下段には子どもの名前を書きます。小学校入学のお子さんなら名字は書かず、名前だけでもOKですし可愛らしいです。でも中高生になるお子さんの入学祝を頂いたお返しののしには、フルネームを書くようにします。

入学祝いのお返し!のし袋の選び方に注意

入学祝いのお返しに使うのし袋は、外側ではなく包装紙の内側の内のしにするのが一般的です。

ただ地域によって風習が違うので、不安な方は周囲の人に相談してみてください。また包装紙の内側にかける内のしが内祝の定番で、包装紙の外側にのしをかける外のしと使い分けることもありますが、こちらも地域差があるようです。一般的には内のしは内祝とされているので、こちらを覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

また最近ではのし袋も昔からの伝統的なデザインだけでなく、イラストが描かれてあったり斬新なデザインも出ています。親しい相手にはちょっとした遊び心のあるのしを選び、楽しんでもらうのもいいですね。

入学祝いのお返し!のし袋の包み方

水引のあるのし袋には、きちんと包み方があります。

外袋の裏側の折り返し部分に注意して包みましょう。

入学祝いには、めでたい上向きの気持ちで慶びを受けるように、上向きが外側になるように祝い重ねにして水引で留めます。反対にお葬式や法事などのときは、下向きが外側になるように重ねます。

間違えるととても失礼なので、のし袋を包むときは気を付けましょう。

入学祝いのお返しはいつまでにするのがマナー?

入学内祝は入学式後の一ヶ月以内に贈ることがマナーです。

入学祝は入学式前までに贈るものとされているので、早めに頂くことがあるでしょう。しかし入学内祝いは入学式の後に贈ります。あまり日を空けると間延びした感が出てくるので、一ヶ月以内を目安に直接出向けるお宅には子どもを連れて一緒に訪問します。

遠方に住む方や訪問できない場合は、お子さんの直筆のお礼状や入学式の記念写真を同封して送ると良いでしょう。

入学祝は親ではなく子どもに頂いたもの。

パパやママが入学内祝いを贈って済ますだけでなく、電話をして子どもが直接お礼を言ったり、直筆のお礼状を書くなど子どもから直接お礼をさせることを一番に考えて相手へ届けましょう。

まとめ

入学祝は両親ではなく我が子へ頂いたもの。のしの書き方や選び方をマスターし、入学式が終わったらすぐにお返しを贈りましょう。親しい間柄の方へなら、のしの表書きや名前をお子さん自身が書くのも良いですね。子どもの成長ぶりを伝えることができますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク