暑い夏だと思っていても、油断できないのが夏風邪。

気付かない内にかかっていることが多いですよね。ウイルスによる感染症の一つで、感染すると高熱が続くという症状があります。

子どもは発熱しやすいとは言え、高熱が続くとママも不安になります。

そこで今回は夏風邪にかかった子どもの症状と、高熱が下がらない時の対処法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

夏風邪の症状はどんなものがある?

124815
夏風邪も冬に感染する風邪と同じく、ウイルスによって引き起こされます。ただウイルスの種類が違うので、症状も少し違います。それでは夏風邪の症状について見ていきましょう。

・主な症状に37.5度くらいの微熱が続く。
・咽の痛みや激しい咳、頭痛が伴う。
・腹痛と下痢。

以上の症状に加えて免疫力のまだ低い、小さな子どもが夏風邪にかかると高熱が出る場合があります。

また冬の風邪と違って、鼻水や鼻づまりと言った症状はあまり出ません。

3大夏風邪とは?

3大夏風邪と呼ばれるものに手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱があります。

・手足口病
・ペルパンギーナ
・プール熱

それぞれの症状を見てみたいと思います。

手足口病の主な症状

・手の平や足の裏、口の中に発疹
・お腹には出ないのが特徴
・口の中の発疹は痛みを伴う
・発熱

関連記事:手足口病の症状!初期の特徴と潜伏期間 子供や赤ちゃんが感染したら?

ペルパンギーナの症状

・38度以上の高熱
・口の中に水ぶくれ
・水膨れにより咽や口の中が痛む

プール熱の症状

・38度以上の高熱
・咽の痛み
・目の充血や目やにが出来る結膜炎
・下痢と腹痛が伴うこともある

夏風邪の症状と期間!長引くのはなぜ?

手足口病は1週間程度で自然治癒し発疹も消えます。ただし高熱や嘔吐、頭痛の症状が出たら病院で受診することをおススメします。

三大夏風邪にかかって治る期間は?

ヘルパンギーナは2~3日高熱が続くことがありますが、1週間ほどで自然治癒します。プール熱に関しては少し他の夏風邪と比べて長い、5日間ほど高熱が続くことがあります。でも1週間ほどで症状は治まっていきます。

一般的に夏風邪は、お腹が痛いという症状から始まることが多いようです。子どもが突然下痢をしてビックリしたことはありませんか?下痢を引き起こすウイルスはアデノウイルスに感染したことが考えられます。

さらに突然の高熱も夏風邪の大きな特徴です。ついさっきまで外で元気に遊んでいたのに、いきなりぐったりしてしまうことがあるので、十分注意することが大切です。

また鼻水や咳など普通の風邪の症状がないのに、突然下痢や高熱が発症するのは夏風邪の可能性が高いと言えます。

夏風邪が長引いてしまうのはなぜ?

それに夏風邪を引いてしまうと、中々治らずに長引いてしまう印象がありますがなぜでしょうか?

その理由は室内の温度と外の気温差が大きいことが上げられます。

これは自律神経が乱れ免疫力が低下する原因にもなるのです。さらに日本の夏の特徴と言える高温多湿の環境も、ウイルスが好む場所と一致しています。このため治りかけていたのに、2次感染にかかり症状が長引いてしまうのです。一度かかる厄介なのが夏風邪なのです。

夏風邪の子供の症状!高熱が下がらない場合の対処法

253028
とりあえず風邪を引いたら、市販の風邪薬を飲ませよう!と考える方も多いと思います。

スポンサードリンク

ただこれはベストな対策とは言えず、逆に症状が悪化することがあります。

なぜなら熱が出るのは体がウイルスと闘っている証。解熱剤を安易に使ってしまうと、ウイルスの排出を抑制して症状が長引いてしまうことがあります。また解熱剤は熱を下げるためにもちろん有効なのですが、服用を中止したらすぐまた熱が再発する可能性もあるようです。

このため子どもがぐったりして、食べ物や水分でさえ摂るのが困難な場合を除いて、解熱剤の使用は控えた方が無難でしょう。

おススメは症状を緩やかに和らげてくれる葛根湯などの漢方薬です。

また体の関節の痛みと高熱が同時に発生した場合は、インフルエンザの可能性があるので注意してください。夏風邪とは違うので、病院で受診し抗インフルエンザ薬を処方してもらいましょう。

夏風邪の原因と対処法

手足口病とヘルパンギーナの感染原因

・咳やくしゃみの飛沫感染
・発疹や水ぶくれや便の中のウイルスが口や鼻に入ると感染

関連記事:手足口病は大人にも感染するの?初期症状と治療法

プール熱の感染原因

・プールでかかることが多い
・咳やくしゃみの飛沫感染
・目の粘膜からも感染

まず夏風邪を引いたかな?と思ったら病院を受診してみましょう。夏風邪の特効薬はありませんが、ツライ高熱や咽の痛みを抑える薬を処方してもらうことはできます。

それに夏風邪はゆっくり休むことで自然に治って行く場合がほとんどです。

家ではこまめな水分補給と消化の良い食べ物を少しずつ与えてあげましょう。夏は暑いので脱水症状を引き起こすこともあります。咽が痛いと言ってもこまめな水分補給は大切です。

また高熱が出ているからと言って解熱剤をむやみに使うことは止めましょう。子どもの状態を見て判断してみてくださいね。

氷や保冷剤をおでこや脇の下、首の後ろに当てると熱を下げる効果があります。

子どものお風呂の入浴や洗濯での注意点

夏風邪の代表であるヘルパンギーナやプール熱は、お風呂やプールを一緒に入ったり、同じタオルを共有することで感染する感染力のとても強いウイルスです。

このためもし子どもが感染したら、入浴はもちろん子どもはシャワーで済ましたり、タオルも別々にして使いましょう。また感染した子どもが使ったタオルは使い捨てにするか、使い捨てのタオルがない場合はビニール袋に別にまとめておいて、洗濯するときも別々にすると安全です。

またくしゃみや咳などの飛沫感染もするので、家の中でもお互いにマスクを着用したり、こまめにうがいと手洗いをすると良いでしょう。

夏風邪の予防には日頃から手洗いうがいはもちろんですが、睡眠を十分に取り栄養バランスの取れた食事をすることもポイント。暑い夏はそれだけで体力を奪ってしまいます。免疫力の高い夏風邪のウイルスに負けない体作りも大事です。

まとめ

夏風邪ではなぜ高熱が続くかと言うと、コクサッキ―ウイルスやエンテロウイルスウイルスの感染が原因になり、これらのウイルスは治りづらく長引く原因になっています。

夏風邪で高熱が出るのは、大体プール熱やヘルパンギーナに感染していて、感染するのはほとんど子どもですが、まれに大人も感染することがあります。

夏風邪に特効薬はないので、感染してしまったら睡眠と栄養を十分に取ることが大事です。解熱剤は極力控えて自然治癒を目指しましょう。ただ水分も取れず動けないようなら、病院で点滴の投与をするのが良いようです。

関連記事:手足口病になったら保育園は何日休ませる?うつる期間はどれくらい?
関連記事:熱中症の症状!夏に子供が発熱や頭痛や嘔吐?風邪との見分け方と違い
関連記事:ヘルパンギーナになった子供は保育園を何日休むべき?潜伏期間やうつる期間は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク