特発性血小板減少性紫斑病にかかった息子の6回目の血液検査がありました。

今回は、検査結果と鼻血について書いてみたいと思います。

初めての方は【まとめ】特発性血小板減少性紫斑病(ITP)からどうぞ。

スポンサードリンク

特発性血小板減少性紫斑病の血液検査6回目の結果

特発性血小板減少性紫斑病での血液検査6回目の日がきました。

今回はまず、身体測定から始まりました。

身長 96cm
体重 14.2kg

なかなか順調に成長しています^^

血液検査は人差し指にパチンと針を刺して採血するのですが、とても痛いらしく前回に引き続き大泣きでした。嫌がる息子を必死になだめながら採血は一苦労で、泣きわめく姿を見ると、本当に心が痛み落ち込んでしまいます。

そんなかでの検査結果は・・・

5.2万と前回値の約半分でした。

血小板数値の経過

2016年3月5日  採血1回目 PLT0.5
2016年3月9日  採血2回目 PLT0.5
2016年3月23日 採血3回目 PLT1.1
2016年4月13日 採血4回目 PLT1.3
2016年5月11日 採血5回目 PLT9.9
2016年6月8日  採血6回目 PLT5.2 ↓

正直言って、前回値が誤差が出てると思っていたので、ある意味予想範囲内の減少なのですが、やっぱり下がってると数値で見ると気分が落ち込んでしまいます。でもまぁ、無治療で自然治癒力で5000から5万まで増えたのは、すごいです。

今日はいつもの担当医とは違った人だったんですが、若くて綺麗な女医さんでした。

結果を教えてくれる前に、色々と質問をされました。

特に、この4週間で風邪をひいたことがないか?とか、感染症にかからなかったか?とか恐らく数値が下がったことの原因を知りたいといったところでしょうか。実は、この1ヶ月風邪を引き、高熱を出し咳が続いていたので、それらを報告。

採血5回目の直後からの状態メモ

採血5回目の直後(5月12日)

IMG_9459
数値が良い割に点状出血があり、主治医に話すも取り合ってくれず疑問を持つ。でも紫斑はかなり綺麗に消えた。

怠さがあるようで、夕食を食べずに寝てしまい朝7時まで13時間睡眠。

血小板が多いはずなのに、なぜ点状出血が出るのか謎。

5月13日(金)

IMG_9469
引き続き、少量の点状出血あり。天気が良く外で少し遊んだからか、小さな紫斑を発見。

顔色は少し青白い。

5月15日(日)

昼間だるそうにし、風邪かな?と感じる。夜間38.8度の熱を出し、少し咳き込む。

5月16日(月)

IMG_9517
朝から38度の熱が続く。
背中に紫斑の初期のような青あざがうっすらと出る。2ミリ程度の点状出血が数個、口腔内に点状出血2個。

病院を予約し、見てもらうが、解熱剤だけ処方されて治療なし。

5月18日(水)

IMG_9528
背中のうっすらとした青あざが紫斑に変わる。
熱は平熱37土まで下がる。

5月19日(木)

IMG_9531
咳がひどくなり、背中と足の紫斑が目立ち出す。

スポンサードリンク
5月21日(土)

IMG_9561
引き続き咳は残っているが少し良くなる。
体調が悪く、怠い様子で1日中布団でゴロゴロし、紫斑が濃くなる。

5月26日(木)

風邪が完全に治り、血小板の反動が出たのかな?と思えるほど体調が良くなり紫斑が消える。
点状出血もほとんど見られないくらいに綺麗になる。

顔の横をぶつけることがあって、痣も全くできなかった。
念のため、病院で診察してもらっても異常なし。

6月1日(水)

IMG_9535
お友達のお家に遊びに行き元気いっぱいに遊び、足に痣ができる。打撲の影響もあり。

6月2日(木)

疲れが出たのか顔色が悪く、夜7時から朝11時まで16時間寝る。
体調がすごく悪いのかなと心配になる。

6月3日(金)

点状出血が顔に増える。耳の後ろと体にもポツポツと増える。

6月4日(土)〜8日(水)

点状出血がある状態で、基本的にだるそう。
外出を控え、家でおとなしくしていた。

調子が良い日といきなり調子が悪くなる時との差が激しく、やっぱりまだまだ安定するまでには時間がかかるな〜という印象です。

特発性血小板減少性紫斑病と鼻血の関係

特発性血小板減少性紫斑病になると、粘膜出血の危険が増えてきます。

粘膜出血といえば、鼻血ですが息子も例外なく鼻血が増えました。これまで鼻血を出すことなど片手で足りるくらいしかなかったのに特発性血小板減少性紫斑病になってからは、数え切れないくらい鼻血を出しています。

幸い鼻血も10分以内に止まるものばかりなので安心ですが、特発性血小板減少性紫斑病になると1時間鼻血が止まらなくなったりするので、本当に注意が必要です。どこにもぶつけてない、鼻ほじっていもいないで鼻血が出るので気が抜けません。

鼻血が出時の対処法

鼻血が出たら、まず鼻の付け根を抑えます。鼻血が出ている部分を拭き取り、顔を下に向かせます。仰向けにさせたら逆流しちゃうので気をつけて下さい。

いきなりだーだーと鼻血が出たらびっくりします。お母さんが焦ると子供はパニックになるので、何でもないように冷静さを保って対処してください。そして、応急処置が終わったらすぐに病院へ電話して往診の確認をしましょう。

うちの場合は、10分以内に止まる鼻血なら問題無し。30分上続くようなら見せに来てということでした。

特発性血小板減少性紫斑病と飛行機

特発性血小板減少性紫斑病になったら旅行に行けるの?と疑問に思われる人も多いと思います。旅先で具合が悪くなったらと思うと、なかなか遠出も出来なくなります。

我が家はイギリスに住んでいて治療のために日本へ帰国したい・・・と日々強く思うようになっているのですが、主治医から渡航許可がなかなか降りません。飛行機に乗れないと帰れないので、ジレンマな毎日です。

なぜ特発性血小板減少性紫斑病だと、飛行機に乗れないの?

今回の検査で5万以上数値があったので、飛行機に乗れるかどうか聞いてみました。

特発性血小板減少性紫斑病になるとなぜ飛行機に乗れないのか?という質問で、気圧の変化や乾燥で鼻の粘膜から血が出る(鼻血)危険があり、もし、1時間以上止まらなくて輸血などの十分な治療体制がない状態で10時間以上いることは勧められないからと言われました。

止血剤(アドナ)を持っていたとしても、止まらなかった時が怖いからというのが大きな理由でした。気圧の変化で鼻血が出るってことを考えなかったので、それは仕方ないことなのかもと思いました。

検査が終わった時点では5万ありましたが、確かに検査の数日後に朝起きて突然、息子が鼻血を出したことからも鼻血が出やすい状況なので渡航許可が出ず、日本へ帰国できるのはいつになるやらという感じです。

今日もゾンビのような顔色っていったらわかりますか?目の周りが黒くって青白くって、、、という感じです。無理をさせないように、ゆっくりと静養させておこうと思います。

まとめ

血液検査6回目でしたが、なかなか現状は厳しい状態です。

もしかしたら慢性化も!?という不安がよぎりますが、まだ3ヶ月なのでもう少し様子見をしようと思います。

次回の検査は3週間後。ちょっと感覚が狭まったので、気になるところです。

関連記事:【まとめ】特発性血小板減少性紫斑病(ITP)

スポンサードリンク

スポンサードリンク