段々と寒くなってきて、風邪が流行る季節になってきました。

風邪をひくと一気に数値が乱降下するので、ITPを患っている息子を持つ母としては嫌〜な季節です。

最近の息子は、調子が良かったのですが予防接種後に予想通り体調を崩しました。今回はどんな結果が出るのだろうか・・・とドキドキで診察を終えました。

関連記事:小児ITP半年経過で慢性診断・・・気をつけていること

スポンサードリンク

小児ITP11回目血液検査の結果

f8e0795173779770d9bf031d56e8f342_s
もうすっかり顔なじみになった小児科医の先生。

採血の時間になると警戒心をあらわにし、席に着くなり大泣きした息子。前回、針でグリグリと血管を探されたのがトラウマになっているようです。涙。

今回は、1回ですっと血液が取れたのでホッとしました。

さて、肝心の数値ですが・・・

<血小板の数値推移>

2016年3月5日  採血1回目 PLT0.5
2016年3月9日  採血2回目 PLT0.5
2016年3月23日 採血3回目 PLT1.1
2016年4月13日 採血4回目 PLT1.3
2016年5月11日 採血5回目 PLT9.9
2016年6月8日 採血6回目 PLT5.2
2016年7月26日 採血7回目 PLT7.3
2016年8月19日 採血8回目 PLT4.6
2016年9月6日  採血9回目 PLT7.2
2016年10月4日 採血10回目 PLT8.4
2016年11月1日 採血11回目 PLT9.9

なんと、9.9万と数値が上がっていました。

普通なら喜ぶはずなんですが、10月は2回ほど予防注射をしていて明らかに調子が悪かったんです。無くなっていたら紫斑や点状出血が増えていたので、どれくらい数値が下がっているんだろうと恐る恐るでの検診でした。

主治医の先生も、「あ〜、こりゃ予防注射の反動だね〜」ってことだったので、一過性の数値であるようです。

10月上旬の8万越えの時は明らかに調子が良くって、このまま順調に回復してくれるかも・・・?なんて淡い期待を抱いていたのですが、予防接種後に明らかに具合が悪くなったりするので、まだまだ病気が治っているとは言えません。

でも、なんとか5万以上はあるので、このまま徐々に体力や免疫を強化して自然に上がってくれるのを待つばかりです。

ちなみに、、、以前からアトピーにしては様子がおかしいなと思っていたお姉ちゃんもアトピーではなく、軽い牛乳アレルギーだということが判明しました^^;

ITPの息子が予防接種を受けました

慢性ITPを患っていると予防接種で数値が下がる・・・と聞いていましたが、なんの反動か数値が上がっていました。

でも、途中明らかに数値が下がった状態があったので、乱降下するのは確かかな。

スポンサードリンク

息子が受けた予防接種は、前回の記事に書いた通り、

10月中旬の予防接種

・4種混合
・肺炎球菌

1週間後に次の予防接種を受けられる予定でしたが、あまりにも息子の調子が悪かったので2週間後の10月下旬に伸ばしました。

10月下旬の予防接種

・BCG
・HIB

小児科の先生曰く、1度免疫をつけているもの(つまり追加接種の予防接種)は副作用が強く出るようです。

4種混合と肺炎球菌の予防接種の副作用に、腕の腫れがあったんですが、本当に腫れがひどくってブワッと熱を持って赤く腫れてしまったのです。

その後、明らかに体調を崩し疲れやすくなり、目の下が真っ黒・・・貧血状態となってしまいました。

この時の我が家の対処法は、休養をしっかりとる。調子が悪い時は食欲が一気に落ちるので、食べられるものから徐々に食べさせて、休ませると体力が回復するのか元気になります。

元気になった頃に、再度、予防接種。BCGは生ワクチンですが、初めてだったので副作用はあまり強く出ませんでした。

次は、4週間後にインフルエンザと日本脳炎があります。予防接種だらけで可哀想なのですが、インフルエンザになってしまうとITPでは髄膜炎のリスクが他の子より4−5倍高いと読んだので、しっかりと受けさせようと思います。

経過報告と病気での園生活

現在の息子の様子ですが、血小板の数値が一時的にも高いお陰か割と元気にしています。

ここ2−3日、体調不良のため食欲が落ちていますが、ずっと寝っ転がっておきたいみたいなITP発症当初の様な状態ではありません。少し貧血かな?という時もありますが、保育園のおかげで偏食が治り、体に良いものを沢山食べてくれる様になったので、免疫にも効いているのではないかな!?と思える節があります^^

実家の近くにある保育園にお世話になっているのですが、この保育園が素晴らしく良くて、先生方もしっかりしているし、子供達ものびのび素直で、子供達もすっかり馴染んでしまいました。

息子と娘は、体操教室や英会話教室、音楽教室にサッカー、そして毎月1回のパン作りを本当に楽しみにしています。残念ながらみかん狩りは風邪をひいてしまい欠席でしたが、これからも餅つきなどの楽しい行事が目白押し。

毎日楽しく園に通って、お友達や作った制作物のお話をキラキラした目で話してくれるのを見ると、毎日、家で母と二人でじっとしていた日々からは考えられないくらい進展しているなと思います。

まとめ

ITPの子供を預かるというのは、園にとっては大変なこともあると思いますが、快く受け入れてくださった園の先生方には感謝しても足りないくらいで

子供が病気になって本当に辛い経験をし、心ないことを言う人もいますが、温かい手助けをしてくれる人も沢山います。そのことに本当に感謝したいです。

子供が良くなったら、私も社会に還元できる人間になれるよう努めていけたら良いなと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク