我が子が突然発熱し、嘔吐や下痢が始まると親としてはとても心配になります。

新米ママさんや、子どもが初めて胃腸炎にかかったママは、どんな食事をどれくらい与えたらいいのか、よく分からない方もいるでしょう。

そこで今回は、胃腸炎に感染した子どもが食べやすい食事と与える時期、食べてはいけないものなどについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

胃腸炎の子供が食べやすい食事は?

特に子どもに流行しやすい感染性胃腸炎だと、ノロウイルスの場合は嘔吐の回数が増えますし、水のような下痢便も出ます。

大人でも凄くツライので、小さい子ども苦しんでいるのを見るのは本当に可愛そうで、ママとしては不安ですよね。

症状がピークのときは食べても下痢になってしまうので、水分補給をしっかりとって上げることが重要ですが、ある程度落ち着いてきたら食事を与えてあげます。ただ普段の食事ではなく、胃腸炎のときに相応しい子どもが食べやすいものを与えましょう。

嘔吐が始まったら・・・

胃腸炎に感染すると嘔吐から始まることが多いようで、その後に下痢がやってきます。

あまりにも嘔吐が続くと食べ物を何も摂取できなくなります。そんな状況の時は胃腸の働きが極めて悪い状態なので、何も食べていないからと無理に食べさせなくても大丈夫です。でも嘔吐をすると体の水分がかなり奪われてしまうので、脱水症状には十分気を付ける必要があります。

そのためこまめな水分補給が欠かせません。その際に飲ませて欲しい水分は、白湯や番茶、甘すぎないスポーツドリンクです。冷たい飲み物は胃腸にNGなので、温めたものか常温のものを飲ませてあげましょう。

嘔吐が治まってきたときに食べさせるもの

こうして嘔吐が治まってきたかなと思ったら、早速食事を始めてみてください。

最初はお粥やお味噌汁、煮込みうどんやお豆腐、人参をすりおろした人参スープがおすすめ。

また喉越しがツルンとして食べやすいプリンやヨーグルトでも問題ありません。ミルクは水で薄める必要はなく離乳食に使っても大丈夫です。

最初に食事を与えるときのポイント

最初に与えるときはスプーン1杯から2杯程度の量にして、様子を見て問題なさそうなら少しずつ与える量を増やします。

1回に与える量は普段の食べている量の半分にして、その代わり回数を増やして与えるほうが腸の負担が軽く済みます。

もし子どもが下痢をしているときに食べ物を与えると、便の量が増えるので下痢が一見ひどくなったように思えます。ただ食事を開始する時期が早まり回復も早くなるという説があります。

絶食期間が長すぎると胃腸の細胞の回復が遅れるようです。

胃腸炎の時に子供に食べものを与える基本

このように胃腸炎のときに子どもが食べやすいものは、消化の良い炭水化物で少しずつ与えることが基本です。

ただお粥は味がついていないのであまり食べてくれない、というお子さんにはコンソメを少量混ぜておじやにしたり、昆布やカツオ、煮干しの出汁を使って塩を加えたり、薄い醤油味で野菜のあんを作ってみると、味がついているので食べやすくなるかもしれません。

スポンサードリンク

またすりおろしリンゴも◎。リンゴには整腸作用があるのでおすすめです。

それにお味噌汁は下痢のときにピッタリの食物です。下痢をすると水分が一気に排出されますが、それと共にナトリウムとカリウムも排出されてしまいます。そこでナトリウムとカリウムと水分も同時に3つを摂取できるのがお味噌汁というわけ。

ちなみに下痢のときはすりおろしリンゴはNGです。糖分を含んだ甘い食べ物は下痢を長引かせてしまいます。

胃腸炎の子供が食べてはいけない食べ物は?

胃腸炎の子供が食べてはいけない食べ物をまとめると以下の食品があります。

・ヨーグルトなどの乳製品
・いちご
・みかんなどの柑橘類系
・揚げ物や香辛料の強いもの
・炭酸飲料や甘いお菓子類

ヨーグルトなどの乳製品

意外にも胃腸炎のときにはヨーグルトなどの乳製品は控えます。

ご存知のようにヨーグルトには整腸作用があるため、お腹の調子を整えて回復を早めるという説と、乳製品には吐き気を促す作用があるのでウイルス性胃腸炎のときには食べない方が良いという2つの説があります。

ロタウイルスにかかったときは、吐き気が1~2日ほど続いた後に下痢になるので、吐き気が収まってからヨーグルトを与えてもOK。

いちご

いちごも消化がよくないので食べない方が◎。

一見お腹に良さそうな乳製品といちごですが、消化が良くないのでお子さんが好きでも与えない方がベターです。

みかんなどの柑橘類系

更にみかんなどの柑橘系の果物も胃腸炎のときに食べると、吐き気を誘発すると言われているので避けましょう。

揚げ物や香辛料の強いものや炭酸飲料や甘いお菓子類

他にも揚げ物など油っこい食べ物や香辛料の強いもの、冷たい飲み物や炭酸水、甘いお菓子類も症状を悪化させる可能性があるので食べてはいけません。

胃腸炎の子供におすすめおやつ

胃腸炎のときに子どもに与えても良いおやつですが、もし自分が胃腸炎になったら何を食べたいか考えてみて下さい。

下痢をしているときに甘いスイーツなんて食べたくありませんよね?

水分補給だけ気を付けていればよいので、何か食べたくなったようならお粥をあげて下さい。下痢の症状の度合いにもよりますが、特に水のような下痢をしているときは、何も食べない方が無難です。

ただしばらく何も口にしておらず、何も食べていないのが不安な方は油で揚げていない煎餅(赤ちゃん煎餅など)か、下痢が治まっているのならすりおろしリンゴくらいです。

下痢中は腸の働きが低下しているので、何も食べさせないことが最善です。

まとめ

胃腸炎に感染して嘔吐や下痢が酷いようなら、無理に食べさせなくてもOKです。

ただし水分補給はこまめに摂るよう意識します。嘔吐が治まり3時間くらい大丈夫なら、様子を見つつ消化の良いものを少しずつ与えていきましょう。

関連記事:胃腸炎の時の飲み物でおすすめは?どのくらいの量なら大丈夫?
関連記事:胃腸炎の子供の症状はどんなものがある?発症までの潜伏期間

スポンサードリンク

スポンサードリンク