1歳未満の赤ちゃんにはちみつを誤って与えてしまい、赤ちゃんが亡くなってしまったという痛ましい事故のニュースがありました。

はちみつはヘルシーで栄養満点のイメージがあるので、子どもにも良いと考えてしまいますが、1歳未満の赤ちゃんにだけは与えてはいけないとされています。

そこで今回は、その原因といつから与えても大丈夫なのかについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

はちみつは赤ちゃんに与えたら危険!?なぜなの?

健康的でお砂糖よりヘルシーなはちみつ。

栄養も豊富に含まれているので、ママさん達の中でも砂糖の代わりにはちみつを使って調理をしている方も多いのではないでしょうか。それなのになぜ1歳未満の赤ちゃんには与えてはいけないのでしょうか?それはボツリヌス菌がはちみつの中に含まれているためです。

1歳未満の赤ちゃんはまだ抵抗力が弱いので、もしボツリヌス菌に感染してしまうと「乳児ボツリヌス症」に感染してしまう可能性が高いのです。このボツリヌス菌というのは食中毒の一種で、その毒性が強いことで知られています。

ちなみに人間が手を加えないで、自然の中だけで作り出される毒素の中で、3本の指に入るくらい強い毒を持っているのがボツリヌス菌です。それくらい強い毒性のあるボツリヌス菌なので、もしこの菌に感染すると命を落とすこともあるのです。

ボツリヌス菌ははちみつに含まれていますが、大人が食べても問題はありません。

それは消化器官が完全に発達しているからです。でも赤ちゃんはまだ未発達で抵抗力も弱く、ボツリヌス菌を摂取してしまったら即効で腸まで届いてしまい、菌の繁殖も抑えることができません。1歳を過ぎたら消化器官が正常に働くようになるので、腸でボツリヌス菌が増えることはないためはちみつを食べても悪影響が出ることはありません。

はちみつを赤ちゃんに与えて良いのはいつから?

上記のように赤ちゃんがはちみつを食べても良いのは1歳を過ぎてから

1歳が過ぎれば消化器官はしっかり発達して、離乳食が始まっているので消化する力も備わっています。はちみつを食べてボツリヌス菌を摂取してしまっても、それが増えて感染することはなくなるのです。

ただ我が子は離乳食を始めるのが遅かった方、消化器系の未発達や病気など心配なママは、かかりつけ医に相談してからはちみつを与えましょう。

また母乳のママは、自分がはちみつを食べたら母乳を介して赤ちゃんにボツリヌス菌が感染してしまうのではないか、と不安になる方もいます。

スポンサードリンク

しかし母乳を介してボツリヌス菌が感染することはありません。ママの腸の中で消化され繁殖することはありませんし、血液に交じることもないのです。ですからママがはちみつを食べても安心して母乳をあげて大丈夫です。

また1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えてはいけないと分かっていても、知らないうちに食べさせてしまっているケースがあるのをご存知でしょうか。

例えばはちみつ入りのお菓子やパン、飲料など、調味料の1つとしてはちみつが加えられていることは少なくありません。このためもし貰い物のお菓子や市販のおやつでも、成分表示をきちんと確認してから上げるようにしましょう。

それにボツリヌス菌は加熱しても殺菌されないことも覚えておくと良いですね。何はともあれはちみつは健康に良い優良食材なので、大人や1歳以上の子どもは積極的に摂取したいものです。

赤ちゃんにあげる食べ物で注意するべき食品

小さい子どもには与えるときに注意しなければいけない食品が多々あります。

注意しなければいけない食品

例えば窒息する恐れがある食材として小さくて丸いものは要注意です。

飲み込んで喉の中でつっかかり、窒息する危険があるためです。

・ナッツ類
・飴玉
・豆類
・ミニトマト

そして粘着質で嚙み切ることが困難なものとして

・モチ
・こんにゃくゼリー
・寒天
・のり

があります。

これらの食材はそのまま飲み込んでしまうと気道を塞ぐので窒息する危険大です。このため小さくカットしたり、みじん切りにしたり、または潰すなどして食べさせましょう。一般的にはアレルギーの面も考えてナッツ類や餅は3歳が過ぎてから与えると良いでしょう。

強いアレルギー反応が出る可能性のある食材

また強いアレルギー反応が出る可能性のある食材として

・そば
・イカ
・タコ
・エビ
・蟹
・ピーナッツ

などがあります。

食べることでアナフィラキシーショックや蕁麻疹、下痢など、時には命の危険が危ぶまれることがあります。このため離乳食では与えませんし、おやつとしてもあげるのは控えてください。

ちなみにはちみつ同様、原材料や調味料としてピーナッツバターやエビ、カニが含まれることがあります。

こちらも成分表示はしっかりチェックしましょう。

まとめ

命を落としてしまうほど危険なボツリヌス菌。

はちみつは決して1歳未満の赤ちゃんには与えないようにしましょう。それにはちみつが含まれる食材も成分を確認することを忘れずに。ただし1歳を過ぎたら栄養満点の食材なので、家族で積極的に食べると良いですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク