夏風邪が流行る季節になってきました。

気温が高くて暑いな、と思ったらぐっと下がる日もあったりで、湿度も高く体温調節がうまくいかないことがしばしばあります。

気づけば子どもがヘルパンギーナに感染していた!なんていうこともあります。

今回はヘルパンギーナの症状と感染経路、保育園や幼稚園の休む期間について解説していきます。

スポンサードリンク

ヘルパンギーナの子供の症状とは?

夏風邪の一つであるヘルパンギーナ。

ウイルスが引き起こす感染症ですが、感染すると高熱が出て咽に発疹ができて痛みを伴います。特に乳幼児など子どもに多い病気で、春から夏にかけて毎年流行しています。

潜伏期間が2~5日ほどあり、発症すると38度から40度の高熱と同時に咽の粘膜が赤くなり、口蓋垂と呼ばれる咽の奥に垂れ下がっている部分の周りに小さな水ぶくれが出来てきます。

破れると口内炎のように潰瘍ができます。

かなりの痛みがあるので食べ物が咽を通らず食欲が落ちるので、時には脱水症状を引き起こすこともあります。水分を摂るのも苦労するので、脱水症状にならないよう気を付けましょう。

熱は数日で治まり、口の中の発疹も段々消えていき10日間ほどで回復します。

ただ治った後も2~4週間の間は糞便にウイルスが排出されているので、感染しないよう手や衣類を清潔に保つことが大切です。

関連記事:夏風邪の症状と期間!原因と対処法のまとめ

ヘルパンギーナにかかる子供の感染経路はどこから?

498712
ヘルパンギーナの主な感染経路は糞便やツバなどの飛沫感染です。

ちょっとの咳でも移る可能性があるので恐ろしいですよね。でも感染力が一番強いのは発熱している時で、熱が下がって2~3日もすると感染力は弱くなっていきます。

スポンサードリンク

ウイルスに感染して発症するまでの潜伏期間が2~5日ですが、ママが便の処理などでウイルスに感染することもあるので気を付けましょう。

トイレの後の手洗いは必須です。

夏風邪と思った子供がヘルパンギーナで保育園はどうする?

特に働くママにとって困るのが保育園を休ませる期間ですよね。

ヘルパンギーナは学校伝染病に指定されていませんが、園長と学校医の判断で出席停止を言い渡されることもあります。もう一つの夏風邪の手足口病も同じような扱いになります。

ヘルパンギーナは感染力が強いので、周りに移しやすいウイルスと言えるため登園出来ないこともあります。

ではいつから登園出来るのかというと、症状が治まり完全に回復したことが確認出来てから、とされています。それまでは自宅でゆっくり安静にさせていましょう。

とは言え、具体的には何日間休むべきかを知りたいもの。子どもによって症状に差があるので、

具体的な日数を言うのは判断が難しいのですが、発熱してから2~3日は感染力が強いため、最低3日間は発熱と下痢などの症状が続きます。

3日過ぎて回復してきて、かかりつけの医者とも相談して大丈夫、となったら登園しても良いでしょう。

ただ体力が落ちているので元のように完全に元気になるまでには、時間がかかる子どももいるようです。そのため登園するまでには最低でも3日から1週間はかかると考えておきましょう。

また口内炎や口の中の水疱の状態によって、口の粘膜の修復に時間がかかることもあり、完治するまで2週間くらいかかることも覚えておいてくださいね。

関連記事:ヘルパンギーナになった子供は保育園を何日休むべき?潜伏期間やうつる期間は?

まとめ

ヘルパンギーナに限らずどんな感染症でも、予防するのに手洗いうがいは基本中の基本です。

外から帰ってきたら必ずママも子どもも手洗いうがいを習慣化させましょう。

また毎日規則正しい生活を送って免疫力を高めることも重要です。これからもっと暑くなると夏バテや熱中症も心配になってきます。病気に負けない体づくりを目指して行きましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク