毎年夏に大流行する子どもの感染症、ヘルパンギーナ。

感染力が強くても出席停止をしなければならない学校感染症ではありません。とは言え、やはり爆発的に流行しやすく赤ちゃんや幼児には感染のリスクが高くなります。そのため園独自で登園基準を設けているところも多いようです。

そこで今回は、ヘルパンギーナになった子どもの登園や潜伏期間などについて解説していきます。

関連記事:夏風邪の症状と期間!原因と対処法のまとめ

スポンサードリンク

ヘルパンギーナの子供は保育園を何日休むべき?登園許可は必要?

104693

ヘルパンギーナの主な症状

・口の中の水疱
・38度以上の高熱

口の中の水疱

主な症状として口の中に水泡が出来て痛みを伴います。

そのため食べ物も飲み物さえも咽を通らないので、脱水症状を引き起こすことがあります。小さな子どもを持つ親としては油断できない夏の病気と言えるでしょう。

この感染症の原因であるウイルスは非常に感染力が強いので、保育園や幼稚園で一人が感染するとあっという間に広がってしまうので、心配なママも多いのではないでしょうか。

38度以上の高熱

ヘルパンギーナは発症すると突然38度以上の高熱が出て、咽の傷みや咳など夏風邪のような症状が表れます。

また口の中に痛みのある水疱が出来るのも特徴です。発熱が治まって二日程経過し、また口の中の水疱や咽の傷みが取れて、元気になったら登園しても良いと判断するお医者さんが多いようです。

ヘルパンギーナへの予防接種はある?

ヘルパンギーナは特効薬も予防接種もないので、とにかく感染しないよう気を付けることが大切。

でももし我が子が感染してしまったら?何日間幼稚園や保育園を休まなければならないという公的な基準がないので、登園禁止の判断をするには少し難しいところがあります。

ただ子どもの体調と周りの子ども達への感染リスクを考えると、登園はある期間控えることが大事です。

スポンサードリンク

発熱があり口の中の水疱が潰れて口内炎になったり、食事や水分が十分取れないような場合は、子どもの体を考えて自宅でゆっくり休ませてあげることがベスト。

ヘルパンギーナは症状が治まっても2~4週間は糞便などからウイルスが排出されます。

そのため周りの子ども達に感染させないために、子どもの様子を見ながら医者と相談して登園する日を考えていきましょう。

ヘルパンギーナの潜伏期間はどれくらい?

ヘルパンギーナはウイルスに感染してから発症するまで、潜伏期間が大体2日から1週間ほどあります。

それにこのウイルスは感染力が強いのですが、潜伏期間中でも強い感染力を持っている為大変な感染症です。

幼稚園や保育園、スイミングスクールなどで発症した子どもが出たら、その子と潜伏期間中に接することであっという間に感染が広がります。症状が出ない内に感染するのでとても厄介な病気だと言えるでしょう。

ヘルパンギーナのうつる期間は?感染の仕方

感染力の強いヘルパンギーナですが、一番強い時が発症した後の発熱した時です。

熱は2、3日で下がって回復傾向へと向かいます。そのため熱が下がって2日も経てば感染力も弱まります。ただ熱が下がった後も2週間から4週間は糞便やよだれからウイルスが排出されているので、これらに接触したりプールやお風呂のお湯、タオルを共有したりすると感染する可能性があります。熱が下がってもその後1ヶ月は手洗いうがいをしっかりして注意しましょう。

ヘルパンギーナの感染経路

・飛沫感染
・接触感染
・糞口感染

このようにヘルパンギーナは飛沫感染と接触感染、オムツ替えの後の手洗い不足で手に付いたウイルスが口に入って感染する糞口感染があります。赤ちゃんは免疫力が弱いのでしかもよだれの量も多いです。このため感染した子が触ったおもちゃを口に入れて感染する可能性もあるので気を付けましょう。

まとめ

ヘルパンギーナは熱が下がり元気が出たら登園できることになっています。ただ医師の指示と園の方針を聞いて行動しましょう。また熱が下がってもウイルスは体から排出されているので油断はできません。他の子どもに移さないよう配慮することと、マスクを付けたり手洗いうがいをこまめにするように子どもに声掛けもしていきましょう。

関連記事:ヘルパンギーナにかかった子供の食事!喉の痛みや口内炎で食べない時の対処法

スポンサードリンク

スポンサードリンク