ヘルパンギーナに感染すると口の中に口内炎や咽の痛みが伴うので、食事はもちろん水分補給にも一苦労します。

かと言って何も食べさせないわけにはいかないので困ります。子どもの場合は食事を作っても食べないケースがあるので、大人より手が掛かります。

そこで今回は咽の痛みや口内炎で食べないときに気を付ける点についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

ヘルパンギーナにかかった子供の食事と食べ物

子どもが突然高熱を出した!

慌てて小児科を受診したらヘルパンギーナと診断された。こんな経験はありませんか?

関連記事:ヘルパンギーナの子供の症状とは?感染経路と保育園はどうする

咽に出来る水疱が特徴のヘルパンギーナ。その水疱は痛みを伴うので食事が大変です。

口内炎が出来たとき、あなたならどんなものが食べたいですか?

間違っても好物だからと言って激辛ラーメンやハンバーグなどは遠慮したいはずです。それは子どもも同じ。咽に優しい食事を提供してあげましょう。

例えばお粥やうどん、スープやゼリーなどです。離乳食のような柔らかさで大丈夫です。

おススメはミネストローネのような具だくさんスープ。

野菜がたっぷり入っているので栄養満点なのがメリット。食が細くなりがちになりますが少しの量でも栄養を摂ることができます。それにスープなので食べやすいのも◎。もう少し食べられるようになってきたら、ご飯を入れてリゾットにアレンジしても良いでしょう。

そして味付けは薄味が鉄則です。また熱くても口の中の刺激になるのできちんと冷ましてから与えましょう。

でもどうしても食事を摂りたがらない場合もあります。そんな時はアイスクリームでもいいので食べさせましょう。重要なのは水分補給です。暑い夏に高熱が出ると汗をいっぱいかくでしょう。脱水症状にならないためにも小まめに少しずつ水や麦茶を与えることが必要です。

スポンサードリンク

子供が喉の痛みで食べない時はどうするか ヘルパンギーナの食事

096919
咽が痛くて食事なんて食べられない!というお子さんもいるでしょう。

しかも高熱が出ているので食欲がなく、食べる元気もないことも。でも水分だけはしっかり飲ませましょうね。

咽がしみるのでミネラルウォーターなど味がしないものがおススメです。冷たい物なら食べたいという時は、水を適度に冷やして飲ませると良いでしょう。

食事は薄味で刺激のないメニューがベストです。

飲み込みやすくて咽を刺激しないものが良いので、スープやお粥、冷たい麺類が向いています。もちろんコショウなどのスパイスは入れないでくださいね。ただどうしても咽が痛くて食事を摂れないときは、子どもの大好きなアイスクリームやゼリーでいいので食べさせます。嫌がるのを無理矢理たべさせなくても1~2日は問題ありません。

口内炎で子供が食べない時の食べ物 ヘンパルギーナの食事

ヘルパンギーナは咽や口の中に口内炎が出来るので、それが痛みを伴うため食事が大変だとお話ししました。

口内炎がしみないおススメの食事としてお粥、お雑煮、スープ、シチュー、アイスクリーム、プリンやゼリー、麦茶などがあります。お粥は体調を崩したときに最適の病人食ですが、熱いと痛いのでよく冷ましてから食べさせます。

一番恐ろしいのが脱水症状になることなので、アイスやプリン、時にはジュースでも良いので水分補給をこまめにさせます。ただ果汁100%などのジュースは酸味で痛いことがあるので、様子を見ながら与えましょう。

まとめ

食事をしたがらない時は栄養補給が出来るようになることを目指します。何か少しでも良いので食べてもらうことが大事。

ヘルパンギーナは高熱が出るので咽や口内炎が痛いと言って何も口に入れないと、脱水症状を引き起こすこともあります。冷たいデザートなら食べたいというのであれば、様子をみながらそういうものから食事をスタートさせても大丈夫です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク