夏休みの2大宿題と言えば自由研究と読書感想文ですよね。

私も小学生の頃はよくやったなぁと懐かしくなりますが、特に読書感想文については、小さいお子さんだとちょっと苦手な子も多いのではないでしょうか。

今回は、小学校低学年向けの感想文の書き方について、ポイントをご紹介していきます。どんな風に書いていけばいいかコツがあるので、感想文で困っているママやパパはぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

読書感想文の書き方 小学生低学年で押さえるべき5つのポイント!

293757
宿題は中々子どもがやる気になってくれないので、親が焦ってしまうこともしばしば。自主性を伸ばしたいと思いつつ、どこまで口を出せばいいのか悩ましいところですよね。

よくありがちな読書感想文の失敗例が、感想文ではなく本のあらすじを紹介してしまっているもの。また登場人物が〇〇をした、面白かった。終わり。などです。実は大人になっても読書感想文の正しい書き方を知らない人は、今でもこのように書く人が多いのです。

本の内容ではなく、自分がその本を読んでどう感じたか?これが一番大切なポイントです。

感想文にあらすじは必要ありません。本を読んで自分の経験と照らし合わせてみたり、意見を書くことが重要です。これは中学生になっても高校へ行っても、大人になってもこの基本は変わりません。

感想文を書くコツ

① 登場人物
② 場面設定
③ どんなことが起こり
④ それによって登場人物はどんな気持ちになったのか
⑤ それを読んだ自分の気持ち

上記を抑えて読んでいくと書きやすくなります。

小学校の低学年なら親と一緒に読んで、ポイントポイントで「〇〇くん(ちゃん)はどう思った?」と聞いてみたり、親が質問してメモを取るといいでしょう。自分が考えた言葉をそのまま文章にするにはまだ大変な年齢なので、そこは無理強いせずどう感じたか?を考えられることにポイントを絞りましょう。

読書感想文の書き方 小学生低学年での原稿用紙の注意点

感想文を書く上で必要な道具は、ちゃんと揃っていますか?

スポンサードリンク

読書感想文を書く上で必要な道具

453015

・本
・原稿用紙
・鉛筆
・消しゴム

特に原稿用紙は家にあるモノではないので、買ってくる必要があります。一般用は400字詰めですが、これだと見た目が字を沢山書かないといけないように感じるのでおススメしません。小学校によって指定の原稿用紙がある場合もあるようです。指定されていないようなら子ども用の原稿用紙がおススメです。

子ども用というのは12×12の144字詰めの字が大きく書けるサイズです。インターネットで無料でダウンロードできるテンプレートもあるので、利用すると良いでしょう。

読書感想文の書き方 小学生の書き出しのコツ

その本を読んで一番強く感じたことを書くと、その続きが書きやすくなります。またその本を読もうと思ったきっかけや、その本を読むまではどんな風に思っていたか書く書き出しでも、続きが書きやすいですし読み手も興味が持ちやすくなる文章になりますよ。

例えば

「私がとっても好きな本は〇〇という本です」
「この本の題名が面白くて読んでみようと思いました」
「僕は〇〇が好きです。〇〇の絵が描いてあったので読もうと思いました」

などです。友達や先生に教えてあげるように書き始めると良いでしょう。

まとめ

書くことがあまり得意じゃないお子さんだと、読書感想文を書くことは難しくて面倒な作業と思ってしまいますが、親が書き方のポイントを抑えて子どもに教えてあげることで、自分の意見を言ったり考え方をまとめる力がつくので、非常に勉強になります。

せっかくの機会なので、ママやパパが書いてしまわないよう、しっかりと子どもに書き方を教えてあげてくださいね。

関連記事:夏休みの自由研究 小学校低学年向けにはこれで大丈夫!書き方やアイデアとまとめ方

スポンサードリンク

スポンサードリンク