小さな子どもに流行しやすい水疱瘡。

ブツブツが全身にできて痒いのが特徴です。ほとんどの人が10歳までに感染を経験するそうですが、一番かかりやすいのが1歳から4歳まで。よく保育園や幼稚園で一気に流行することがありますよね。

今回は水疱瘡の初期症状と、出来た水疱やかゆみ、かさぶたはいつまで続くのかについて解説していきます。

スポンサードリンク

水疱瘡の初期症状とは?

093732
水疱瘡かな?と思う初期症状はいくつかあるので、以下を気にしてみてください。

水疱瘡の初期症状

・発熱
・発疹
・水ぶくれ
発熱

全身がだるくなって37度くらいの微熱や食欲の低下、軽い頭痛などが現れます。ただ小さな子どもの場合はこれらの初期症状に気づきにくいかもしれません。発熱は大体3日くらいで下がります。

発疹、水ぶくれ

小さくて平べったい赤いブツブツが現れます。一般的に最初はお腹や顔に現れるようです。でも虫刺されやあせもと見た目が似ている為、水疱瘡だと判断しにくい時もあります。ただ数時間もすると赤いブツブツが膨らんで水ぶくれ状態になって、全身に広がり始めます。

その後はかさぶたになって治るのが主な経過です。かさぶたが全て綺麗に剥がれ落ちるまでに約3週間ほどかかります。このように軽く済む場合がほとんどですが、まれに重症化して命に関わるケースもあります。

赤い発疹は次々出てきて水ぶくれやうみを持った白い水ぶくれなど、いろいろな発疹が同時に起こります。この水ぶくれは強い痒みを伴うため、赤ちゃんは不機嫌になります。痒いと言って掻き毟ると雑菌が入って化膿し、跡が残ることもあるので注意が必要です。

水疱瘡のかゆみはかさぶたはいつまで続く?

痒い水疱瘡。どんな経緯を経るのかを見ていきます。

スポンサードリンク

発疹発生から半日

赤い発疹はたいだい約半日で全身に広がります。まれに口の中やまぶたや結膜にもできることがあります。

発疹発生から3日〜4日目

最初の発疹ができてから3日から4日は新しい発疹が次々出来ます。そしてこの赤い発疹は1日経つと、水を含む小豆大くらい水疱に変わります。

発疹発生から1週間〜10日

更に3日から4日経つと乾いてかさぶたになります。痒いのは3日から4日の発疹が水疱の段階のときだけで、かさぶたになると痒みは治まってきます。

全てのかさぶたが自然に剥がれるまでに約3週間かかります。また、かさぶたの後が白く残っていることもありますが、半年くらい経つと綺麗に消えます。ただし掻き毟ったりして化膿すると、後は消えないで残ることがあるので気を付けましょう。

水疱瘡の跡は消えるの?

ニキビ跡と同じように、消えずに残っていて悩むのが水疱瘡の痕。

赤いブツブツが水疱になったときが一番痒いので、この時期に我慢できなくて掻き毟ってしまったり、衣類に水疱が触れて潰れてしまうと、水疱瘡が治まったあとでも痕が残ることがあります。

それに治りかけのかさぶたを無理矢理剥がそうとすると、これも痕が残りやすくなるので注意。爪でかくことによって傷からばい菌が入って化膿することもあるので、じくじくして赤く腫れてきたら一度病院を受診しましょう。

私も子どもの頃に治りかけのかさぶたを剥がすのが面白くて、ついついかさぶた剥がしをしていました。そのため手の甲に今でも水疱瘡の痕が残っています。幸い顔には痕が残っていないので良かったです。

まとめ

水疱瘡は初期症状の発熱や発疹に気づいたらすぐに小児科を受診することで、抗ウイルス薬を服用して症状を軽く済ませることもできます。

周りに感染した友達はいないかなど、情報は常にしっかり掴んでおきましょう。子どもが水疱瘡かもしれない!と思ったら二日以内に薬を飲めるよう早めの受診がおススメです。

また水疱瘡には予防接種もあります。定期接種になって無料で受けることができるようになりましたし、副作用の危険もほぼないのだそうです。まだ我が子が感染していないのなら、ワクチン接種を考えてみるのも良いでしょう。

関連記事:上の子の水疱瘡って赤ちゃんにもうつる?初期症状から完治まで

スポンサードリンク

スポンサードリンク