まだ一人で歩いたり自由に動けない赤ちゃんは、排便する力も弱いため便秘になりやすいと言われています。

便秘が酷くなるとお腹が張るので苦しく、赤ちゃんの機嫌や体調も悪くなってしまいます。

今日まだウンチしていないわ…と気付いたら早めの対処が必要です。そんな時におススメなのが砂糖水。

今回は、赤ちゃんの便秘解消に一役買ってくれる砂糖水についてご紹介していきます。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

赤ちゃんの便秘に効く砂糖水の効果ってどのくらい?

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s
砂糖を含んでいる食品には、腸内の便を柔らかくする作用があります。

そのため適度な糖分は赤ちゃんの腸の動きを促して、ウンチを出やすくしてくれます。便秘には大人も子どもも水分を摂ることが大事ですが、砂糖水を飲むことで便秘の解消と予防が出来ます。

しかも材料はお砂糖とお水だけで余計なものは何も入っていないため、赤ちゃんに安心して飲ませることが出来ます。

また砂糖水だけではなく、お腹のマッサージや軽い体操をして体を動かしてあげて、便秘対策をすることも大切です。

赤ちゃんの便秘解消に良い砂糖水の作り方

それでは砂糖水はどのように作ると良いのでしょうか。

砂糖水と一口で言っても糖分が濃すぎると下痢の原因になったり、腸内の悪玉菌を増やしてしまったりするので、正しい濃度の砂糖水を作ることが必要です。

一般的には5%濃度の砂糖水が理想と言われています。この5%という濃さは舐めるとほんのり甘いという程度の甘さです。

甘すぎないよう注意して作りましょう。

便秘解消に役立つ砂糖水の作り方

1.水を沸騰させて60℃くらいに冷めた白湯を100ml用意する
2.砂糖を5g準備する
3.1と2を哺乳瓶に入れて砂糖が無くなるまでよく振って溶かす
4.人肌になるまで冷ましたら、1回30ml~50mlを赤ちゃんに飲ませましょう

スポンサードリンク

赤ちゃんの便秘を解消する砂糖水をあげるタイミングの見極めは?

赤ちゃんに便秘になってほしくないからと言って、飲ませすぎはNGです。

赤ちゃんの様子を見ながらあくまでも少しずつ与えましょう。

ほんのり甘いので飲むのを嫌がる赤ちゃんは少ないですし、哺乳瓶で上手く飲めないようならスプーンやスポイトを使って与える方法もあります。

母乳のみの赤ちゃんでも、砂糖水も母乳も両方飲んでくれるので大丈夫です。

また赤ちゃんの便秘には砂糖水以外にオリゴ糖も効果的。

オリゴ糖というのは腸内の環境を正常な状態に整えてくれる、ビフィズス菌や乳酸菌の栄養分になります。

そのためオリゴ糖を摂取すると善玉菌が活性化して腸内環境が良くなるのです。

母乳やミルクにもオリゴ糖が含まれていますが、離乳食が始まったりして母乳やミルクを飲む量が減ると、赤ちゃんが摂取するオリゴ糖の量も減っていきます。つまり腸内の善玉菌の活動が緩やかになるので、便秘しやすくなるというわけです。

それならばオリゴ糖を積極的に摂取させようと思って、スーパーで見かけるお手頃価格のシロップになっているオリゴ糖は、人工甘味料と保存料などの添加物が多く含まれています。

更に実際オリゴ糖より砂糖の方が多く配合されていることがよくあります。

そのためパッケージに記載されている成分表示をよく見て、オリゴ糖の純度が高いものを選びましょう。

出来れば純度100%のオリゴ糖がおススメです。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

まとめ

赤ちゃんの便秘の原因は様々ありますが、水分不足が大きな原因と言って良いでしょう。

その点砂糖水は水分も補給できるので便秘対策として効果的です。

ただ糖分の過剰摂取は下痢を起こしてしまったり、悪玉菌が増えて赤ちゃんの体調を悪くしてしまうことがあります。

砂糖水を作る場合はその濃度や与える回数にも気を配りましょう。

関連記事:赤ちゃんがミルクを飲まないで泣く原因は?月齢別解決法とミルクの目安

スポンサードリンク

スポンサードリンク