にんにくは料理のアクセントとして欠かせない食材なので、日々の食卓にも有効ですが赤ちゃんのいるお宅では、いつから与えていいものなのか疑問です。それにアレルギーも気になります。

そこで今回は、赤ちゃんにはいつから食べさせても良いのか、にんにく入りの離乳食レシピをご紹介していきます。

赤ちゃんににんにくっていつから食べさせても良い?

好きな人にはたまらなく美味しいにんにく。炒めたときの香りは食欲をそそりますよね。私は個人的ににんにくが大好きですが、にんにく料理は赤ちゃんにはいつから食べさせても良いのか気になります。いつでも手軽に手に入りやすいにんにく。

ある育児サイトでは、生後9か月から10カ月くらいの離乳食からにんにくを与えても大丈夫だという解釈が多いようです。

家族はにんにくが好きなので、餃子やラーメン、パスタや炒め物に加えることが多いと思いますが、うっかり赤ちゃんに取り分ける分にもにんにくを入れてしまった…と焦ってしまうママもいるかもしれない。離乳食が始まった頃より、後期の離乳食で起こりがちなことだと思われます。

大人が食べる物から赤ちゃん用に取り分けて、味付けを別々にするパターンが多いと思いますが、にんにくやネギ、ニラにはクセのある強い香りと強壮作用があります。そのため小さい子どもには刺激が強すぎるので、与えるのはごく少量にするか、しっかり加熱してから与えるようにしましょう。

あくまでも少しだけ食べさせてみて、風味程度の量を上げた方が安心です。

いずれにせよにんにくにはその独特の香りがあるので、大人でもあるように赤ちゃんでも好き嫌いが現れるでしょう。ただ意外と赤ちゃん用のレトルト食品にはにんにくが含まれていることが少なくありません。しかも表示に〇歳から、と書かれているので安心です。

ちなみに1歳からのカレーの成分表示を見て見ると、にんにくペーストが含まれています。でも香りどころか味さえしない程度なので、にんにくが入っているのを忘れてしまいます。

にんにくを入れた離乳食はいつから?

このように生後9か月~10か月頃からにんにくを食べさせても良いという見解が多いのですが、中には1歳から1歳半から、または2歳からという親御さんも多いので個人によって違うようです。

ちなみに1歳から与えるママは、カレーのように赤ちゃん用のレトルト食品ににんにくが含まれている為です。何度も言いますが、アレルギーの心配もありますし、香りと味も強いのでごく少量のにんにくを風味程度に与えることが無難です。

スポンサードリンク

大人でもにんにくアレルギーの方は、食べると体に蕁麻疹が出て痒くなったり、目やにと痒み、鼻水が出るなど花粉症のような症状が出る場合もあります。こんなアレルギー反応が赤ちゃんに出てしまっては大変です。すぐに小児科へ受診しないと重症化する可能性もあるので要注意です。

離乳食は何かと面倒なことも多いのですが、小さい頃はできればにんにくは入れないか、ごく微量にした方が良いでしょう。

子供のにんにくを入れた人気レシピは?

鶏肉のケチャップとガーリック

材料(5人)

鶏モモ5枚
☆ケチャップ大さじ5
☆醤油小さじ1
☆お好み焼きソース小さじ1
☆にんにく2かけ~3かけ

1.鶏もも肉についている大きな脂分は切り取って、フォークで表と裏を刺す。そしてにんにくは皮を剥いて薄くスライス
2.ボールか大きめのジップロックに☆の調味料とにんいくを入れて混ぜる
3.その中に鶏もも肉を入れてよくもみ込む。このまま30分以上放置して味を染み込ませる
4.オリーブオイルやサラダオイルを入れたフライパンを熱し、肉の皮を下にして焼く
5.強火で焼いていき、それから中火そして弱火にして蓋をし5分~8、9分くらい焼く。竹串などを刺して透き通った汁になったら完成

にんにくの香りが食欲をそそる唐揚げ

材料(一人分)
鶏もも肉適量
料理酒適量
醤油適量
にんにくチューブ適量

1.鶏肉は一口大に切ってジップロックに入れる
2.鶏肉全体に馴染むくらいのお酒をジップロックに入れる。この時鶏ももをよくもみ込む
3.料理酒と同じ量の醤油を加えて、にんにくチューブも好みに合わせて入れる。にんにくの香りを楽しみたい場合は、2~3㎝くらいのにんにくを入れる
4.味を馴染ませるために冷蔵庫で数時間置く
5.味が染み込んだら鶏ももに片栗粉をまんべんなくまぶす
6.油を中火で温めてから唐揚げを作る。肉を入れた時に油がブクブクと泡立つくらいの温度が最適で、少な目の油でも問題ありません。
7.鶏もも肉がキツネ色になったら出来上がり。油がバチバチと跳ねているようなら、美味しい肉汁が出ている証拠です。揚げたては熱々なので、よく冷ましてから子どもに与えましょう。

まとめ

調味料としてうってつけのにんにく。和食の他、韓国料理から中華やイタリアンに至るまで、調理に欠かせない食材です。ただ一番気になるのは強い香り。

近年では無臭にんにくも売られています。いそがなくてもそのうち食べられるようになるので、赤ちゃんの成長と様子を見ながら少しずつ取り入れていきましょう。

関連記事:はちみつは赤ちゃんにいつからあげられる?知らないと危険って!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク