赤ちゃんはとても汗っかき。

そのせいであせもが出来ると中々治りません。

それに治ってもすぐまた出来たりして、赤ちゃんのあせもに悩むママは少なくありません。

今回は赤ちゃんのあせも対策と、おススメの薬についてご紹介していきます。

ファムズベビー

赤ちゃんのあせもが治らない!薬で治すべき?

bb9978aacc866d22d66534faa87fe5d6_s
あせもは予防できるので、まずは出来ないように汗をこまめに拭いたりすることが肝心。

対策をまとめてみました。

・衣類を注意して選ぶ
・汗をこまめに拭き取る
・寝るときに背中にタオルを入れる
・パジャマを工夫する

まだ小さな赤ちゃんに、薬はなるべく使いたくないのが親心ですよね。

そこで薬を使わずに出来る対策としては、肌に直接触れて汗を吸収する肌着や衣類は、木綿かガーゼがベスト

汗をかいたところを拭いてあげる時は、濡れタオルなどを用意して、擦らないで軽く叩くように汗を拭き取りましょう。

またこまめに着替えをしたり、お風呂で体を洗ってあげることも大切です。

暑い夏の夜に寝る時は、パジャマと背中の間にタオルを入れて、汗をかいたら抜き取ります。

パジャマはもちろん木綿素材が良いでしょう。

関連記事:赤ちゃんの夏の服装は?新生児やそれぞれの月齢に合わせたまとめ

赤ちゃんのあせもが治らない!薬のおすすめは?

いくら注意を払っていても出来てしまったあせも。
早く治してあげたいですよね。そんな時に有効なのが薬です。

市販薬で赤ちゃんに安心して使える製品

桃の葉の薬 あせもローション

昔からあせもが出きやすい夏に、桃の葉っぱを乾燥させたものをお風呂に入れて、あせもや皮膚の痒みを和らげる民間療法があります。こちらの製品は生薬が配合されていて赤ちゃんにも使えます。

ユースキン あせもクリーム

ステロイドが含まれていないので、安心して赤ちゃんに使えます。

ポリベビー

こちらもステロイドが入っていないので安心です。ちなみに10種類の成分がかゆみを抑えて、患部を保護してくれますよ。

スポンサードリンク
オイラックス

使い心地がソフトで伸びが良く、白く残らないのが特徴です。この薬にはステロイドは含まれていませんが、同じオイラックスのAやHにはステロイドが入っているので、買う時には注意してください。

ムヒベビー

生後一ヶ月の赤ちゃんから使えるあせも専用の塗り薬です。非ステロイド系なので顔にも使えます。

赤ちゃんのあせもを作らない対策とは?

あせもが出来ないようにするには服選びがポイントです。

あせもができにくい衣服素材

通気性や吸水性の良い素材の衣類は、たとえ汗をかいても乾きやすいので、ベタベタした状態が続かないのでおススメです。やはりこういった素材があせもを防ぐには効果的。

そこで汗をかきやすい季節には、木綿やガーゼ素材の服を着せると良いでしょう。

ゴムの締め付けに注意

またゴムの締め付けがきついと、通気性が悪くなるのでベタベタ汗が溜まりやすくなります。服を着せる時にパンツや靴下のゴムがきつくないか確かめましょう。ちなみにオムツのウエスト部分も汗が溜まりやすいので、ウエストゴムの跡がお腹に付くようになったら、サイズアップをしましょう。

赤ちゃんのあせもができやすい場所

また赤ちゃんの首回りや背中が特に汗をかく箇所です。遊んでいる最中に着替えをさせるのは大変なので、ガーゼやタオルを首や背中に入れておきます。

汗をかいて着替える前に寝てしまっても、ガーゼやタオルを抜いて入れ替えるだけで良いので、赤ちゃんも心地よくママもらくちんです。

赤ちゃんにベビーパウダーはどう?

ところで昔はあせも予防にベビーパウダーが奨励されていました。でも近年ではあまり進められていません。

と言うのは、ベビーパウダーを付けすぎると汗腺や汗管をふさいでしまい、逆にあせもの原因になるからです。

どうしてもベビーパウダーを使いたい時は、汗や汚れを取って水分もふき取ってから軽く付けましょう。また汗を流した後のケアには、ワセリンを使うと保湿効果があります。

ファムズベビー

まとめ

あせも対策にはまず予防することが大切です。

これでかなり防ぐことができますが、中にはどうしてみ治らなくて症状も酷い場合があります。

そんな時は小児科を受診しましょう。皮膚科へ行くとステロイドが入った薬を処方されることもあります。

これ以上悪化しないように早く治すことを目的としているので、症状が治まらないときは小児科に相談しましょう。

関連記事:赤ちゃんの日焼け止め!選び方と塗り方 おすすめランキング
関連記事:赤ちゃんの暑さ対策!ベビーカーや車内などの気をつけるべきポイント5つ

スポンサードリンク

スポンサードリンク